1. 空調機電力低減システムピークセーバーが関西電力殿の広報誌「RELATION」5月号に紹介されています。
  2. 空調機電力低減システムピークセーバーにオプションとして、スケジュール制御機能が追加されました。空調機電力低減の運転休止、休止解除をあらかじめ設定したスケジュールによって制御できるほか、センタからの操作によって制御することもできます。
  3. 温室効果ガス排出量の算定、報告制度が実行段階に入ってきました。この6月末は第1回報告の締め切りになっています。

電力消費のピーク抑制対策が重要です。
対策空調機電力低減は十分でしょうか。
電力消費の省エネは、是非、アイ電気通信にご相談ください。
[連絡先]TEL(06)6924-1221

Copyright(C)2007 AI DENKI TSUSHIN Co.,Ltd.All Right Reserved.